鍵紛失などのトラブルは鍵の専門プロへ連絡|カチャッとOPEN

一軒家

狙われやすい家とは

ガードマン

近年空き巣の被害は増えてきています。また、空き巣に狙われやすい住宅があるということをご存知でしょうか?空き巣というのは手当たり次第侵入しているわけではないのです。しっかりと侵入できそうかどうかを確認しているのであります。ではどういった住宅が狙われやすいのか?ということをお教えしましょう。
傾向としては、留守がちである・お金を持っていそうな家・侵入してもバレなさそうで逃走しやすい・防犯の意識が低そうというような住宅であります。防犯の意識が低そうというのはどのようなことか・・・それはカギがかかっていない家や整理整頓ができていないというような家です。家の周りにゴミが置いてある。散らかっている。花や植木が枯れた状態でそのままにしている、新聞受けにチラシなどがパンパンに入っているというようなことです。
また、そのほかにも立地が関係していることが多いです。住宅から駅や繁華街が近い(逃走しやすい)、金融機関が近い(お金を下ろすことが出来るところ)、交通量が多いというような場所(ガラスを破っても音が聞こえにくい)というのは比較的狙われやすいです。
もしも上記の項目に当てはまっているのであれば今からでも対策をしていく必要があります。立地に関しては難しいかもしれませんが防犯性の高い鍵交換をする、防犯カメラを設置するというような対策をすることで空き巣に侵入される可能性は低くなるでしょう。その際には、防犯の実績がある鍵の専門業者へ連絡すると良いでしょう。